午前中ももうすぐ終わりのころです。しばです。

どっか行きたいと常々騒いでいた私を友人が連れ出してくれました。
ライブでは遠くへ結構行くけど、いつもとんぼ帰り。今回はゆっくりと。
東京の離島、八丈島。

島出身の友人もえちゃんのガイドのもと飛行機にのり、八丈島へ。飛行機でいくとまさかの1時間弱。前回船で行った時は10時間かかったので、その早さに驚いた。10年ぶりの飛行機のうるささにも驚いた。この大きな大きな物体が人間を乗せて空を飛ぶんだから、うるさくもなるか。島につくと、常春の島の空港はハロウィン仕様。季節に敏感。

前に一度来た時は行きも帰りも船で、ライブしに来ていたためのんびりする暇はほとんどなかった。なんなら仮眠スペースで寝てたら某有名バンドの人に頭を思い切り蹴られたことと、帰りの船の上で飲んだぬるいチューハイの味しか覚えていない。それくらいバタバタしていたのだ。

実家で手作りの島寿司がすし桶に乗って出てくることに驚く。温泉が500円で驚く。というか、島に温泉が沢山あって驚く。山に登ればススキまみれで驚く。くさや定食食べてたら後から入ってきたお客さんがめっちゃくさいって話してて驚く。島言葉かるたに驚く。裏見が滝のジャングル感に驚く。驚いてばかりの八丈島だった。前回来た時なんて、八丈島の魅力に全然触れてなかったんだなあと感じる3日間。

クライマックスフォレスト、極相林とよばれる原生林を見た。八丈富士に登って、その淵から火口を覗くと見える。その小穴にたどり着くまでがそりゃもうすごいアドベンチャーだったんだが、その火口はまさに圧巻だった。人の手を加えられること無くここまで育ち、そしてもうこれ以上に大きくなったりすることはないというクライマックスフォレスト。彼らは完全体なのだ。

人の手でどうにかできる自然なんて、所詮ちっぽけなんだと実感した。

行きたかった裏見ヶ滝は車の通る道路からすぐ入ったところにあった。入り口からは想像もつかないジャングル感。急に聞こえなくなる車の音。全部映画のセットみたいだった。映画のセットって、ちゃんとこういうのに憧れて作られてるんだなあとぼんやり考えていた。観光客も数人きていて、それも全部包み込んで静かなところで、そこだけ世界から切り取られたみたいな場所。

八丈島は海、だと思っていたんだけど今回は山に魅せられた。蜂まみれで頂上にいけなかった八丈富士、次は制覇したい。もちろん海も良かったけども!もえちゃんとあんなにゆっくりぼーーっと話せたのも多分海のおかげだろう。海は広いな大きいな、そりゃあれを見たらそんな風に歌いたくもなるよな。

八丈島の生き物たちはみんなマイペースで愛おしかった。車を走らせていると突然車の前に飛び出すイタチ(やめてくれ)、同じく飛び出す猫(頼むからやめてくれ)、家につけばヤモリが迎えてくれた。少しボケているという飼い犬は夜中に鳴きまくり、牧場の牛はネームプレートをなくして怒られている。キョンはビジターセンターにポツンといて、仲間と寄り添って暮らしている(落ち葉をあげると食べる)。人間もマイペースなのかな?

神秘的な部分の多い島だった。まだまだ知らない場所も魅力もありそうなのでまた探検したい。今回はもえちゃんが全部運転してくれたので、次行くときまでには私も免許をとっていたいなあ。島旅するには免許必須!と、つくづく。

明日は福井に行った話!

——————————————————————————————-
tetoteライブ情報🐋

11/14 大塚MEETS
-印藤勢の新奇録-
11/27 吉祥寺SILVER ELEPHANT
-keystation-
11/28 新宿WILD SIDE TOKYO
-Dig up!Your Wonderland-

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中